マッチングアプリ「タップル誕生」の特徴及び攻略方法

サイバーエージェントが運営する「カードスキップシステム」を採用した「タップル誕生」。
今まである検索して探すマッチングアプリに比べて細かく絞り込んだりプロフィールを登録したりする必要は無いので、気軽に利用できるのが特徴的です。
そんな、タップル誕生の特徴や攻略方法について、以下に解説します。

基本は全員に「いいかも」をすること

「いいかも」は、他のマッチングアプリで言うところの「いいね」と同様のシステムです。
この「いいかも」は制限が無いので、どんな女性に対してもバンバン「いいかも」をするのが基本です。
問題は、「いいかも」「イマイチ」関係無しにカードを消費されるので、イマイチをするのはデメリットとなります。
つまり、好みの女性が現れなくても関係無しにいいかもをすることで、女性とマッチングできる人数はバンバン増えるのです。
中には好みから明らかに離れている女性もいるかも知れませんが、マッチングして連絡をしておくのは損ではないですよ。

「スーパーいいかも」はデメリット要素が強すぎるので使用しないこと

タップル誕生のマッチングには、いいかも以外にも「スーパーいいかも」が存在します。
こちらはカード枚数を50枚消費して行えるのですが、行える内容は「メッセージ付のいいかも」だけです。
50枚も消費する価値はハッキリ言って無い(むしろ地雷)なので、使用しない方が良いです。

そもそも、メッセージを送信したところで、マッチングできる確率がほんの少しだけ上がるだけなので、50枚の対価としては乏し過ぎます(女性が自分に興味があれば、メッセージ送らなくてもマッチングしてくれます)。
また、50人の女性にいいねした方が、遥かに出会いに結び付きやすいので、もはや何のための機能なのかを疑う程です。
これが3枚~5枚程度ならまだ価値はあるのですがね。

ガッツリ絞り込みをかけてから探すこと

1人1人出てくるので、なかなか好みの女性と巡り合わないことがしばしば。
とは言え、イマイチを行ってもカード消費が発生してしまうので、それもデメリット要素ではあります。
そのデメリット要素を回避すべく、体型・学歴・年収・仕事・休日・煙草・お酒・身長・一緒に住んでいる人・出会うまでの希望を、しっかりと絞り込みかけてから探すようにしましょう。
プロフィールをロクに埋めていないやる気の無さそうな女性を回避することができるうえに、ニーズに叶った女性に近い人が現れやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です