マッチングアプリ「with」についての特徴・及び攻略方法

withのアプリイメージ

マッチングアプリwith。

数あるマッチングアプリの中でも20代をターゲットにしていて、それにより若年層が多いのが特徴的です。
また、男女の比率が他のマッチングアプリに比べて狭く、6:4位の割合で男性が多いので、男性からするとライバルが少ないのも魅力的です。
しかし、そんなマッチングアプリですが、ライバルが少ないから大丈夫という訳ではなく、withの特徴や攻略法を知らなければマッチングしにくいのも事実です。
そんなwithについての特徴や、その上での攻略法を解説致します。

特徴

・30代以降は一気に需要が減る
・若いユーザーが多い分だけやる気のある男女が少ない
・マッチングしにくい理由は、DAIGO監修の相性診断による無料いいね

攻略法

・年収や社会的ステータスよりも、とにかく見た目重視
・1日10回の無料いいねを使い切る
・1000いいね以上の女性はいいねしないこと
・ウラを返せば、30代以降のユーザーはマッチングしやすい
参考:出会い系人気おすすめランキング発表

30代以降は一気に需要が減る

どのマッチングアプリでも共通していますが、年齢が重なれば重なる程需要は減ります。
しかし、withに関しては若年層が多い分だけ需要の減り方が急激なので、より一層なのです。
つまり30代以降になると、withで出会える確率は下がるので、もっと年齢層の高いアプリに変更した方が確率は上がります。

若いユーザーが多い分だけやる気のある男女が少ない

20代前半が多いのもwithの特徴で、学生の割合も比較的多めです。
しかし、若いユーザーが多い分だけ、withに対してやる気のある男女が少ないのも事実です。
実際かわいい子とマッチングできても、なかなかメッセージが続かない事が多い上に、余程幅広くいいねをしなければマッチングできないのも事実です。

マッチングしにくい理由は、DAIGO監修の相性診断による無料いいね

定期的に行われるDAIGO監修の相性診断イベント。
これを行うと、相性の良い異性とは1日10回いいねが無料でできるので、いいねを課金しなくてもいいメリットがあります。
しかし、その分だけ男性側は女性に対していいねをしてくる傾向が高いです。
その為、1日10回もいいねができる分だけ女性側は色んな人から大量にいいねを獲得できるようになり、その分だけふるいにかけられてしまうデメリットが発生します。
また、若年層が多いのも拍車がかかり、よりマッチングしにくくなってしまうデメリットが発生します。

年収や社会的ステータスよりも、とにかく見た目重視

女性なら分かるのですが、男性も外見重視なのがwithの特徴です。
どれだけイケメンかでマッチングできる度合いが異なるので、とにかくプロフィール写真でカッコイイ写真を掲載するようにしましょう。
若年層が多い分だけ、高収入にするよりもイケメンであればある程にマッチングできるので、盛ってでもいいのでカッコイイ写真を掲載するようにしましょう。
加工アプリでナチュラルに修正できるのであれば、それを駆使しましょう。

むしろ、年収を盛っても他のマッチングアプリに比べてそれ程効果が期待できません。
見た目が良ければ、女性からいいねすることも多々あるのがwithの特徴とも言えます。

1日10回の無料いいねを使い切る

先程挙げたイベント「1日10回無料いいね」ですが、面倒でも10回分使い切って下さい。
このイベントがある為か、正直いいねをたくさん貰っている女性が多いです。
その為、マッチングアプリの中でもwithが最も数打ち当たれ戦法を活かされるのです。

他のマッチングアプリよりマッチングしにくいですが、その分だけ大量にいいねを行うことにより異性とマッチングし、出会えるキッカケを生むことができるのです。

1000いいね以上の女性はいいねしないこと

Withでは1000いいね以上貰っている女性は結構いるのですが、1000超えの女性は基本的に相手にしてくれません。
たまに「1000いいね以上の女性とデートできた」とかを、ネット掲示板やマッチングアプリ攻略サイトで見かけますが、まずデートできません。
出来てマッチングしてメッセージ程度です。

理由は、
〇1000もいいねされたら収拾がつかなくなる
〇これだけいいねされたらウンザリする
〇冗談半分や遊びでやっている(とびきり可愛い子の写真を使ったり加工したりして遊んでいるだけ)
〇自分のルックスのレベルを知っているから、最初から会う気なし
です。

それだけいいねが付いている分かわいい女性が多いですが、その分だけいいねのムダになりますので、避けるべきです。
万が一デートできたとしても、タダメシ目的やお金目的の人が多く、発展できる可能性はハッキリ言ってゼロに等しいです。

ウラを返せば、30代以降のユーザーはマッチングしやすい

どうしても20代の若年層向けというだけあってか、30代は需要が減ります。
しかし、ウラを返せば需要が減る分だけ30代以降のユーザーはマッチングしやすくなります。
特に男性の方で、30代以降の女性でも構わない場合でしたら、よりマッチング率は高まります。

もっと言ってしまえば、他のマッチングアプリよりも30代以降とのマッチング率が高いのがwithの特徴とも言えます。
どんな男女もそうですが、自身の価値が低いと相手に求めるレベルを下げ、価値が高いと求めるレベルを上げる傾向があります。
逆手に取るやり方になりますが、それを駆使することにより一気に出会いが増えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です